キングスのウィリー・コーリー・スタイン 右人差し指の脱臼で4~6週間の離脱

【スポンサーリンク】

サクラメント・キングスのルーキー、ウィリー・コーリー・スタインが、右手の人差し指を脱臼し、4~6週間離脱する模様。キングスが公式ホームページで発表している。

コーリー・スタインは日本時間4日に行われたボストン・セルティックス戦の第4Qで負傷。

医師の検査を受けた後、右手人差し指の脱臼が判明し、離脱期間が明らかになったという。

ケンタッキー大学出身のコーリー・スタインは、今年のドラフト6位指名でキングスに入団した。

ケンタッキー大学時代でプレイした昨季は39試合の出場で平均8.9得点、6.4リバウンド、1.2スティール、1.7ブロックショット、FG成功率57.2%、フリースロー成功率61.7%を記録。

キングスでは主力として起用され、20試合の出場(うち14試合で先発)で平均4.8得点、5.2リバウンド、1.1ブロックショット、FG成功率60.9%、フリースロー成功率51.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA