30歳を迎えたドワイト・ハワード「20年プレイすることが目標」

【スポンサーリンク】

19歳でプロデビューしたドワイト・ハワードも、12月8日に30歳になった。

キャリア終盤へと突入しているハワードだが、かねてから長く現役を続けたいと公言している。

そのハワードは、40歳まで現役を続行することを目標にしているようだ。ハワードのコメントをchron.comが伝えた。

「このゲームを長くプレイできたら楽しいよね。このリーグで20年、もしくはそれ以上プレイすることは、いつだって俺の目標なんだ。ここまで長くプレイできてることに感謝してるし、すごく嬉しいよ」

「長い時間プレイし続けてきた。リーグに来てからたくさんのことをしてきた。感謝してる。不満を言うつもりはないよ。12年もプレイできてることが嬉しいんだ。長くプレイできるNBA選手はそういないからね。NBAで12年もプレイできてることがすごく嬉しいし、感謝してる。あと10年プレイできたら良いね。だけど、今プレイしてる時間を楽しむよ」

昨季は膝の負傷などでレギュラーシーズン41試合の出場にとどまったハワードだが、今季は6試合を欠場したものの、出場時間は増え、コンスタントにプレイできるようになっている。

とはいえ、サンアントニオ・スパーズのティム・ダンカンのように長く現役を続けるためには、コーチの起用法など外部要因も関係してきそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    Cは特にリング下での競り合いもありますからね(・ω・)ノ体調管理はしっかりしないといけませんね(・ω・)ノCだとジャバーが丁度20年リーグでプレーしてますね(・ω・)ノハワードも健康体であれば不可能では無いはず(・ω・)ノただ、もうロケッツに骨を埋める覚悟で残りのキャリアをプレーしてもらいたい(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      個人的には難しそうな気もしてるんですが、ビッグマンは貴重ですもんね!
      長く現役を続けてもらいたい!

*

CAPTCHA