レイ・アレン ヒートの複数回のオファーを断っていた?

【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートで2013-14シーズンまでプレイした後、ベテランシューターのレイ・アレンは試合から遠ざかっている。

昨季は複数のチームがアレン獲得に動くと噂されていたものの、終わってみればどのチームもアレンと契約することはなかった。

だが、ヒートはこれまで何度もアレンにオファーを出していた模様。

herald.comによると、ヒートは昨年夏までアレンにオファーを出し続けていたものの、アレンがこれに応じることはなかったという。

ヒートでの最終シーズン、アレンは自身の起用法などに不満を感じていたと噂されているが、それが影響しているのかもしれない。

また、アレンはチャンピオンを狙えるチームでのプレイをかねてより希望しているため、レブロン・ジェイムスが抜けたヒートに魅力を感じなかったのだろう。

とはいえ、19カ月もの間リーグを離れ、今年7月に41歳となるだけに、現時点でアレン獲得に本腰を入れるチームはほとんどないと予想される。

1996年のドラフト5位指名でリーグ入りしたアレンは、キャリア18年で通算1300試合に出場し、平均18.9得点、4.1リバウンド、3.4アシスト、1.1スティール、FG成功率45.2%、3P成功率40.0%、フリースロー成功率89.4%を記録。

10度のオールスター出場を誇り、2008年にはボストン・セルティックスで、2013年にはヒートでチャンピオンリングを獲得している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    もう事実上引退したと考えたほうが良いですよね(・ω・)ノ本人の公式発表は今のところないにせよ(・ω・)ノ歴代屈指の3ptシューターと言えど41歳にもなれば流石に復帰は厳しそうです(・ω・)ノそれに現役を2年近くも遠退いていましたし(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      綺麗な形で引退してもらいたかったですね(;_;)
      まだわかりませんが(^_^;)

*

CAPTCHA