ラリー・ナンスjr「今季全休の可能性について話し合ってる」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのラリー・ナンスjrに今季全休の可能性が浮上した模様。

ESPNによると、レイカーズのトレーナーを務めるゲイリー・ピッティとバイロン・スコットHCは、膝を負傷し、オールスターブレイク前の6試合を欠場したナンスjrの今季全休について話し合ったという。

ナンスjrは現在、膝の治療を続けており、日本時間25日に予定しているメンフィス・グリズリーズ戦に出場できるかは未定だ。

なお、ナンスjrは今季全休の可能性について次のように話している。

「俺らはそれ(今季全休)について話し合ってる。だけど、現時点では予防措置のひとつだよ」

手術を受ける予定はないナンスjrだが、なぜ今季全休の可能性が浮上したのか疑問に残るところだ。

もし大きな問題でないのであれば、完治次第コートに出し、経験を積ませるべきかもしれない。

なお、先日のミルウォーキー・バックス戦では約10分の出場時間にとどまった。

ナンスjrは2015年のドラフト27位指名でレイカーズに入団し、今季は43試合の出場で平均5.7得点、4.9リバウンド、FG成功率54.2%、3P成功率33.3%を記録。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA