ロケッツ トレード破談のマーカス・ソーントンを解雇へ

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツは先日、トマーカス・ソーントンとドナタス・モティユナスをデトロイト・ピストンズへレードで放出した。

だが、モティユナスがフィジカルテストをクリアできなかったことにより、このトレードは破談。

ソーントンとモティユナスはロケッツへ送り返されることとなったが、ロケッツはソーントンを解雇したことを公式ホームページで発表した。

ソーントンの解雇により、ロケッツのロスターは14選手となる。

今季のソーントンはロケッツで47試合に出場し、平均18.8分のプレイで10.0得点、2.4リバウンド、1.4アシスト、FG成功率40.0%、3P成功率33.8%を記録。

キャリア17年ではニューオーリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)、サクラメント・キングス、ブルックリン・ネッツ、ボストン・セルティックス、フェニックス・サンズ、ロケッツを渡り歩き、通算436試合の出場で平均12.4得点、2.8リバウンド、1.4アシスト、FG成功率42.6%、3P成功率35.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA