レイカーズ 2017-18からフィル・ジャクソンをヘッドコーチに招集か?

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズを率いているバイロン・スコットHCは、若手選手とのコミュニケーション不足が指摘されながらも来季もチームの指揮を執る見込みだ。

そして、その翌年となる2017-18シーズンからニューヨーク・ニックスのフィル・ジャクソン球団社長をチームに迎え入れる計画がある模様。

the Los Angeles Timesによると、ジャクソン球団社長は2017-18シーズンの契約を破棄し、レイカーズが勧誘に動くという。

だが、あくまで推測の話であり、ジャクソン球団社長はニックスの再建に奔走中だ。

レイカーズ側からの一方的なアプローチであるならば、ジャクソン球団社長のレイカーズ復帰は難しいかもしれない。

まずは若手選手の成長に寄与できる人物を探し、ヘッドコーチとして招集すべきだろう。

なお、ジャクソン球団社長は来季のホームゲームでヘッドコーチとしてニックスを指揮し、ロードゲームではカート・ランビスHCがチームを率いるという噂が出ているが、カーメロ・アンソニーはこの噂を否定している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA