カーメロ・アンソニー レブロン・ジェイムスの夢に賛同

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは先日「カーメロ・アンソニー、ドウェイン・ウェイド、クリス・ポールと少なくとも1シーズンか2シーズンは一緒にプレイしたい。そのためなら減棒も厭わない」と発言した。

これがキャブス離脱説に輪をかける事態となっているが、キャブスの首脳陣はジェイムスの最近の言動を問題視し、ジェイムスと話し合いの場を設けたという。

一方、指名されたニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーは、ジェイムスの夢に賛同しているようだ。アンソニーのコメントをthe New York Postが伝えている。

「俺らにはこのリーグでの年月がまだ残されてる。誰でも時々は夢を見るものさ。みんな想像する。俺ら全員が減給を受け入れないとね。俺は受け入れるよ。暖かい場所でね」

5年契約の2年目を迎えているアンソニーに対し、ジェイムスとウェイドはこの夏にFAとなる可能性がある。

一方、ロサンゼルス・クリッパーズのポールは契約を破棄することで2017年の夏にFAとなることができるが、果たして4人のスーパースターが同じチームでプレイするという夢は叶うのだろうか?

夢のチームを見てみたい気もするが、そのチームが敗れる姿を見たくない気もする。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA