ジミー・バトラー トレードの噂について「他のどこかに行く計画はない」

【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズのジミー・バトラーにトレードの噂が浮上した。

バトラーにはボストン・セルティックスやオーランド・マジックが興味を示していると噂されているが、ブルズはまだ若く、チームの中心であるバトラーをトレードで出すだろうか?

一方、バトラー本人はブルズ以外のチームでプレイすることを考えていない模様。バトラーのコメントをESPNが伝えている。

「他のどこかに行く計画はないよ。みんながどうするか、自分ではコントロールできないけどね。この都市は俺が愛してる都市。ここのジャージーを着たい。誇りを持って着てる。俺がやらなきゃいけないのは、俺にコントロールできることをコントロールすること。それはこのチームの勝利に貢献することなんだ」

今季からブルズを指揮しているフレッド・ホイバーグHCとバトラーの間には一種の確執があると噂されているものの、ホイバーグHCはこれを否定。

バトラーが中心選手であることを明言したことから、トレードで放出することはないと見たほうが良いだろう。

なお、今季のバトラーは60試合に出場し、平均37.1分のプレイで21.0得点、5.2リバウンド、4.4アシスト、1.7スティール、FG成功率45.2%、3P成功率31.5%を記録。

キャリアでは通算316試合に出場し、平均ん31.1分のプレイで13.5得点、4.5リバウンド、2.5アシスト、1.4スティール、FG成功率44.4%、3P成功率32.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA