トレードのサージ・イバカ サンダーでの役割に不満だった?

【PR】

オクラホマシティ・サンダー一筋でプレイしてきたサージ・イバカが、ついにサンダーを離れることとなった。

オーランド・マジックとサンダーの間でトレードが成立し、イバカはマジックへ移籍。

一種のサプライズトレードとなったが、トレードで放出して正解だったかもしれない。

CBS Sportsによると、イバカはサンダーでの自身の役割に不満を感じており、完全FAとなる来年夏にチームを離れることを考えていたという。

サンダーはイバカの様子を察知していたのだろうか?

いずれにせよ、サンダーは攻撃的ポイントガードのビクター・オラディポ獲得に成功した。

なお、イバカのトレード放出はケビン・デュラントの去就に影響を与えないとされている。

昨季のイバカはレギュラーシーズン78試合に出場し、平均32.1分のプレイで12.6得点、6.8リバウンド、0.8アシスト、1.9ブロックショット、FG成功率47.9%、3P成功率32.6%を記録。

プレイオフでは18試合に出場し、平均33.4分のプレイで12.0得点、6.3リバウンド、0.6アシスト、1.3ブロックショット、FG成功率52.1%、3P成功率44.9%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読