【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー デイミアン・リラードの偉業に「これまで見たことがない」

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが、アンストッパブルなパフォーマンスを続けている。

現地1日のユタ・ジャズ戦で9本の3Pを含む51得点、12アシストを記録し、NBA史上初となる6試合で平均45得点以上、10アシスト以上をマークしたプレイヤーとなったリラード。

この驚異的なパフォーマンスに、チームメイトのカーメロ・アンソニーも驚きを隠せないようだ。

リラードの偉業を受け、アンソニーは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「これまでこんなのは見たことがないと思う。俺たちは偉大なバスケットボールを目撃してる。いろんな形でスコアリングする男たちを見てきたけど、彼がやってることについては、長く見たことがないものだ」

鋭いドライブと広いレンジの3Pショットを武器とし、スコアリングを量産しているリラード。

彼の働きもあり、ブレイザーズは現在4連勝中と好調だ。

このパフォーマンスを受け、対戦チームはリラードによりタフなディフェンスを仕掛けるであろう。

リラードがそれにどう反応し、対処するのか楽しみにしたいところだ。

なお、ブレイザーズは現地4日、強豪デンバー・ナゲッツと対戦する。

今季のリラードは48試合に出場し、平均37.1分のプレイで29.8得点(キャリアハイ)、4.4リバウンド、7.9アシスト(キャリアハイ)、1.0スティール、FG成功率46.3%(キャリアハイ)、3P成功率39.7%(キャリアハイ)を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算597試合に出場し、平均36.3分のプレイで24.0得点、4.2リバウンド、6.5アシスト、1.0スティール、FG成功率43.6%、3P成功率37.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA