ラッセル・ウェストブルック サンダーとの延長契約に興味なし?

【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントがゴールデンステイト・ウォリアーズ移籍を決断したことにより、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックにはより多くが求められることになるだろう。

そのウェストブルックは、来年夏にFAになる。

チームに残留させるため、サンダーはウェストブルックに延長契約をオファーすることが可能だが、ウェストブルックは現時点で再契約には動かない模様。

RealGMによると、ウェストブルックは来年のFA交渉でサラリーアップを狙うため、現時点での延長契約は見合わせるという。

サンダーのサム・プレスティGMはウェストブルックと話し合いを続けるとしているようだが、ウェストブルックの気持ちは変わらないだろう。

昨季のウェストブルックはレギュラーシーズン80試合に出場し、平均34.4分のプレイで23.5得点、7.8リバウンド(キャリアハイ)、10.4アシスト(キャリアハイ)、2.0スティール、FG成功率45.4%、3P成功率29.6%を記録。

プレイオフでは18試合に出場し、平均37.4分のプレイで26.0得点、6.9リバウンド、11.0アシスト、2.6スティール、FG成功率40.5%、3P成功率32.4%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA