ディオン・ウェイターズ クオリファイングオファー破棄で完全FAへ

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーのシューティングガード、ディオン・ウェイターズが、完全FAになる模様。

The Verticalによると、サンダーはウェイターズへのクオリファイングオファーを破棄したという。

サンダーはこのオフにケビン・デュラントとサージ・イバカという2人の主力選手を失ったが、来年夏にはラッセル・ウェストブルックが完全FAになるため、ウェストブルックまでチームを去ってしまう恐れがある。

ウェイターズへのクオリファイングオファー破棄はキャップスペースに余裕を持たせ、ウェストブルックと延長契約を狙いたいためだろう。

なお、先日はフィラデルフィア・セブンティシクサーズとサクラメント・キングスがウェイターズに興味を持っていると報じられた。

昨季はサンダーで重要なベンチプレイヤーとして起用されたウェイターズだが、来季はどのチームでプレイするのだろうか?

なお、昨季のウェイターズはレギュラーシーズン78試合に出場し、平均27.6分のプレイで9.8得点、2.6リバウンド、2.0アシスト、1.0スティール、FG成功率39.9%、3P成功率35.8%を記録。

キャリア初となったプレイオフでは18試合に出場し、平均27.3分のプレイで8.4得点、2.6リバウンド、2.3アシスト、0.6スティール、FG成功率41.7%、3P成功率37.5%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA