レイ・アレン 現役復帰の目的は3P成功本数歴代首位の座を維持するため?

【スポンサーリンク】

FAシューターのレイ・アレンは、タイトル獲得の可能性があるチームでの現役復帰を希望すると噂されていた。

だが、レイ・アレンは先日「NBA復帰にチャンピオンシップが必ず必要ってわけじゃない」と発言。

チャンピオンシップ獲得の可能性が薄いチームでもオファーがあれば復帰する可能性があることを示唆したが、これにはある理由があるのかもしれない。

The Boston Globeによると、アレンが現役に復帰する目的は、3P成功本数歴代首位の座を維持するためだという。

通算2793本の3Pを成功させ、レジー・ミラーに413本の差を付けて3P成功本数歴代首位に立っているアレン。

数字だけを見ると圧倒的な記録と言えそうだが、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが猛烈な勢いで順位を伸ばしており、現時点で3P成功本数1593本(歴代19位)。

1シーズンに400本の3Pを成功させることができれば、あと4年でアレンの記録を抜くことになる。

もはや時間の問題とも言えそうだが、ケビン・デュラントのゴールデンステイト・ウォリアーズ加入がカリーの3P成功本数に影響を与える可能性も否定できない。

とはいえ、28歳のカリーは大きな怪我や不調がない限り、いずれは新記録を樹立することになるだろう。

3P成功本数の歴代トップ20にランクインしているプレイヤーは以下の通りだ。

順位選手名3P成功本数3P成功率キャリア
1レイ・アレン297340.0%18年
2レジー・ミラー256039.5%18年
3ジェイソン・テリー216937.9%17年
4ポール・ピアース212836.9%18年
5ジェイソン・キッド198834.9%19年
6ビンス・カーター193737.3%18年
7ジャマール・クロフォード193334.9%16年
8カイル・コーバー188742.9%13年
9ジョー・ジョンソン183237.2%15年
10チャウンシー・ビラップス183038.7%17年
11コービー・ブライアント182732.9%20年
12ラシャード・ルイス178738.6%16年
13ペジャ・ストヤコビッチ176040.1%13年
14デール・エリス171940.3%17年
15ダーク・ノビツキー170138.1%18年
16スティーブ・ナッシュ168542.8%18年
17JR・スミス167937.5%12年
18ジェイソン・リチャードソン160837.0%13年
19ステフィン・カリー159344.4%7年
20マイク・ミラー158240.7%16年

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA