ニック・ヤング コービー・ブライアント不在のトレーニングキャンプは「つまらない」

【PR】

ロサンゼルス・レイカーズは1995年以来初めてコービー・ブライアントがいないトレーニングキャンプを送る。

これまでレイカーズを牽引し続けてきた偉大なプレイヤーの不在に、誰よりもニック・ヤングがショックを受けているようだ。

トレーニングキャンプを前に、ヤングはブライアント不在のレイカーズについて次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「ここがつまらなくなったように感じる」

ヤングはブライアントの大ファンであり、レイカーズでプレイすることを夢見てきた。

そのブライアントが引退したことで、ヤングの心にはぽっかりと穴が開いてしまったのだろう。

婚約していたイギー・アゼリアとも別れ、公私ともに苦しい時間を送ったヤングだが、オフェンスの核としての奮起を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】