バディ・ヒールド「コービー・ブライアントのすべてを観察した」

【PR】

2016年のドラフト6位指名でニューオーリンズ・ペリカンズに入団したバディ・ヒールドは、早くもチームの主力のひとりとして活躍している。

ペリカンズの再建を担うひとりであるヒールドだが、ドラフト後のトレーニングで大きな影響を受けたようだ。

ヒールドによると、昨季限りで現役を引退したコービー・ブライアントとドラフト後にトレーニングし、多くを学んだという。ヒールドのコメントをthe Player’s Tribuneが伝えている。

「ワークアウトの間、俺はコービーのすべてを観察したんだ。同じチャンスがまたあるとは限らないし、彼に印象を与えたかったからね。彼は本当に真剣にワークアウトに取り組んでた。ドリルの時にジョークを言うこともなかったし、バスケットボール以外のことは話さなかった。すべてがバスケットボールだったんだ」

幼い頃からブライアントを見て育ったというヒールド。

所属するペリカンズは苦しい状況を強いられているものの、ヒールドは十分な出場機会を得ることで成長を加速させたいところだ。

なお、今季のヒールドは25試合に出場し、平均17.7分のプレイで7.6得点、2.3リバウンド、1.2アシスト、FG成功率36.8%、3P成功率29.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】