【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン ケビン・デュラントとの口論に「それができないなら負けのチームだ」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンとケビン・デュラントは、先日のサクラメント・キングス戦で口論をしているように見えた。

グリーンとデュラントが口論をするのはこれが初めてではないが、チームを牽引する二人の口論であるだけに、さまざまな憶測があがる。

だが、グリーンは特に問題視していない。

デュラントとの口論について質問されたグリーンは次のように応答。the Mercury Newsが伝えている。

「チームメイトと口論もできないなら、君は負けるチームにいることになるだろうね。だけど、それを大ごとにするような人間も敗者になるだろう。それが俺が見ていること。勝利を知る人間なら、それ(チームメイトとの口論)があることも理解してる。そういうことさ」

「チームメイトたちに何かを隠したり、物を言えないなら、悪い状況に陥ってしまうだろう。そのようなチームにいると、それは失敗の始まりになる。俺は気が進まないね」

おそらくデュラントもグリーンの性格を把握し、一切問題視していないだろう。

なお、ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCも二人の口論を問題視しておらず、こう話している。

「KDとドレイモンドは親友さ。毎晩一緒にいて、冗談を言ったり笑ったりしてるよ。コート上で何か起こったとしても、私の目には悪いこととして映らない」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA