アイザイア・トーマス「妹の死を知った時はバスケをやめたかった」

【スポンサーリンク】

ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマスは、妹の死と悲劇に見舞われながらも力強いパフォーマンスでチームを牽引している。

妹の死後、トーマスは1試合も欠場することなくプレイし続けているが、妹の死を知った直後はバスケットボールをやめることも頭をよぎったようだ。トーマスのコメントをKing5.comが伝えている。

「(妹の死の)ニュースを知った時、投げ出し、やめたいと思った。やめるなんてこと、俺の人生で一度も考えたことはなかった」

「そして、やめることはオプションじゃないってことを理解したんだ。やめるのは簡単なこと。俺は妹のために進み続ける。彼女は俺が立ち止まることを望まないから。彼女を愛してるし、失ってすごく悲しい。俺の残りの人生は彼女のためにある。愛してるよ」

トーマスの奮起には天国の妹も喜び、応援していることだろう。

この難しい時間を乗り越え、タイトル獲得へ向けて突き進んでもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA