【スポンサーリンク】

テリー・ロジール トラッシュトークのブランドン・ジェニングスについて「気にしてない」

ボストン・セルティックスのバックアップポイントガードを務めるテリー・ロジールは、ワシントン・ウィザーズとのシリーズ第3戦でブランドン・ジェニングスとトラッシュトークを繰り広げた。

これにより、ロジールとジェニングスには退場処分が下ったわけだが、ロジールはジェニングスを眼中にも入れたくないようだ。

ジェニングスとのトラッシュトークについて質問されたロジールは次のように返答。ESPNが伝えている。

「彼のことはまったく気にしてない。彼がファクターになることはない。俺はホームに帰らない。寝る前に彼のことを考えることはない。バスケットボールコートの外で彼のことを考えることもない」

「彼がファクターになることはないから、俺は彼のことを気にしてない。俺が気にしてるのは第4戦のことであり、勝つためにできることだ」

ロジールとジェニングスは互いにバックアップポイントガードとしてチームを支えている。

ファーストユニットだけでなく、セカンドユニットまで犬猿の仲となった両チームだけに、第4戦も激戦となること必至だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA