【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント ウォリアーズ移籍の決断は「100%正しかった」

オクラホマシティ・サンダーでキャリアを過ごし、今後もフランチャイズプレイヤーとしてサンダーを牽引すると思われていたケビン・デュラントは、昨年夏にゴールデンステイト・ウォリアーズに電撃移籍した。

デュラントのウォリアーズ移籍には賛否両論あり、案の定サンダーのファンはデュラントは激しく批判。

あれから間もなく1年が経過しようとしているが、デュラントは自身の決断に自信を持っているようだ。The Undefeatedがデュラントのコメントを伝えている。

「100%正しい決断をした。勝とうが負けようがね。ここは俺が求めてた場所なんだ。これまでのすべてに感謝はしてるよ。だけど俺は今、ここにいる。俺にとって素晴らしい場所さ。人生の今の段階において、いたい場所なんだ」

「ここが大好き。チームメイトたちのことも大好き。この都市も大好き。この組織も大好き。ここにいるのが大好き。他のどこかにいく計画はない」

デュラントはこの夏にFAになることができるが、ウォリアーズが再契約をオファーするのはほぼ確実だろう。

デュラント、ステフィン・カリー、ドレイモンド・グリーン、クレイ・トンプソンというオールスターカルテットの時代はまだまだ続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA