【スポンサーリンク】

キャブス ザック・ランドルフ獲得に前向き?

クリーヴランド・キャバリアーズのケビン・ラブにはトレードの噂が浮上していたが、獲得を狙っていたポール・ジョージがオクラホマシティ・サンダーに移籍したことにより、ラブのトレードの噂は収束した。

来季もキャブスの一員としてプレイすると見られており、キャブスはラブのバックアップ探しを始めたようだ。

Cleveland.comによると、キャブスはベテランパワーフォワードのザック・ランドルフ獲得を狙っており、ランドルフもキャブス移籍に興味を持っているという。

キャブスはこれまで、ラブのバックアップとしてチャニング・フライやリチャード・ジェファーソンを起用してきたが、ランドルフはインサイドに新たなパワーをもたらしてくれそうだ。

一方、チームの高齢化が気になるところではある。

なお、昨季のランドルフはメンフィス・グリズリーズでレギュラシーズン73試合に出場し、平均24.5分のプレイで14.1得点、8.2リバウンド、1.7アシスト、FG成功率44.9%、3P成功率22.3%を記録。

キャリア16年を通してポートランド・トレイルブレイザーズ、ニューヨーク・ニックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、グリズリーズでレギュラシーズン通算1057試合に出場し、平均31.3分のプレイで16.8得点、9.3リバウンド、1.8アシスト、FG成功率47.1%、3P成功率25.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA