トーマス・ロビンソン セルティックスのワークアウトに参加

【スポンサーリンク】

昨季をロサンゼルス・レイカーズで過ごしたトーマス・ロビンソンが、ボストン・セルティックスに移籍する可能性がある模様。

ESPNによると、トーマスはセルティックスのワークアウトに参加し、カイリー・アービングとアイザイア・トーマスのトレードが成立次第セルティックスと契約する見込みだという。

セルティックスはアービングをトレードで獲得するため、トーマス、ジェイ・クラウダー、アンテ・ジジッチ、ドラフト1巡目指名権を放出。

だが、トーマスの健康状態が問題となり、キャブスはセルティックスにさらなるトレード要員と要求している。

ロビンソンとしてはこのトレードが早く成立し、セルティックスの一員として来季に備えたいところだろう。

なお、昨季のロビンソンはレイカーズでレギュラーシーズン48試合に出場し、平均11.7分のプレイで5.0得点、4.6リバウンド、0.6アシスト、FG成功率53.6%(キャリアハイ)、フリースロー成功率47.0%を記録。

キャリア5年を通してサクラメント・キングス、ヒューストン・ロケッツ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ブルックリン・ネッツ、レイカーズでレギュラーシーズン通算313試合に出場し、平均13.4分のプレイで4.9得点、4.8リバウンド、0.6アシスト、FG成功率47.0%、フリースロー成功率50.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA