【スポンサーリンク】

アル・ホーフォード キャブスのダブルチームについて「良い仕事をした」

ボストン・セルティックスとのカンファレンスファイナル第6戦で、クリーヴランド・キャバリアーズはアル・ホーフォードにダブルチームを仕掛けた。

その成果か、キャブスはプレイオフで平均15.7得点を記録しているホーフォードをわずか6得点に抑え、勝利につなげたわけだが、ホーフォード自身もキャブスの策略にはまってしまったと感じているようだ。

ホーフォードは第6戦を振り返り、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「ゲームを見てくれたなら分かると思うけど、ボールを持つとすぐにダブルチームを仕掛けられた。毎回ね。1on1のポジションをとらせてもらえなかった。彼らは俺にダブルチームを仕掛け、プレイを難しくする良い仕事をしたと思うよ」

ホーフォードは第7戦へ向けて映像をチェックし、ポストでボールを持たせてもらえなかった原因を確認するという。

キャブスは第7戦でも同じ戦略を用いる可能性があるが、それに対抗するにはホーフォード以外のプレイヤーがステップアップしなければならないだろう。

また、第6戦の結果を受けたブラッド・スティーブンスHCの手腕にも期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA