ケネス・ファリード「トレードの噂は好き」

【PR】

デンバー・ナゲッツのケネス・ファリードには、数年前からトレードの噂が付きまとっている。

このオフには3チーム間トレードでクリーヴランド・キャバリアーズへの移籍が噂されたが、これまで何度もトレードの噂が出たこともあり、ファリードは対処法を身に付けたようだ。

ファリードはトレードの噂について次のようにコメント。Altitude 950が伝えている。

「トレードの噂は好きだよ。正直言うと、前は嫌いだった。『彼ら(ナゲッツ)は俺をトレードで出したいんだ』と思ってたからね。だけど、今はこう考えてるんだ。『俺のことを今でも話してくれてる。俺のNBAでの働きぶりをみんな知ってくれてる』とね」

先発とベンチ出場を行き来しながらも、ナゲッツの主力プレイヤーのひとりとして活躍し続けているファリード。

若手有望株が揃ってきたナゲッツにおいて、これからのファリードにはリーダーシップも求められるだろう。

なお、昨季のファリードはレギュラーシーズン61試合に出場し、平均21.2分のプレイで9.6得点(キャリアワースト)、7.6リバウンド(キャリアワースト)、0.9アシスト、FG成功率54.8%、フリースロー成功率69.3%(キャリアハイ)を記録。

キャリア6年ではレギュラーシーズン通算409試合に出場し、平均25.8分のプレイで11.9得点、8.5リバウンド、1.1アシスト、FG成功率54.4%、フリースロー成功率65.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】