【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス オールスターフォーマット変更は「間違ってない」

2018年のオールスターゲームでは、各カンファレンスでトップ票数を獲得したプレイヤーがキャプテンとなり、自チームのプレイヤーをドラフトするという新たなフォーマットが採用されることになった。

近年のオールスターゲームはいわゆる“ショーゲーム”となり、競い合うようなシーンが少なくなったと言われているが、キャプテン候補の一人であるクリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは、今回のフォーマット変更を歓迎しているようだ。

オールスターフォーマット変更について、ジェイムスは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「それ(オールスターフォーマット変更)については、俺は間違った考えとはみてない。競い合うという点で見ると過去数年のオールスターゲームはすごくひどかった」

「改善しようとすること。ダンクコンテストは、ある時点では素晴らしかった。そして、それほど良いものにはならなくなった。だから、彼らは改善しなきゃいけなかったのさ。それから良くなったよね。悪くなったら再び改善するんだ」

「良いか悪いかを言うのは、まだ難しい。まだ実施されてないからね。まだ2月じゃないから、どれくらい良くなるのか、どれくらい悪くなるのか、誰にも分からない。ただ、俺は変化が好きだよ」

史上初となる今回のフォーマットが成功すれば、もちろん2019年以降も継続することになるだろう。

それゆえに、両チームのキャプテンは重責を担うことになりそうだ。

ただの仲良しチーム同士の戦いにならないことを願いたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA