クレイ・トンプソン「FG成功率50%以上を目指してる」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは、リーグを代表するシューターのひとりだ。

ただ、トンプソンの魅力はシュートだけではない。

オブ・ザ・ボールでの動きやディフェンスなど、マルチな働きでウォリアーズに貢献しているトンプソン。

まだ試合数は少ないが、今季はFG成功率50%以上を記録するなど好調を維持しているトンプソンが、自身のパフォーマンスに言及したようだ。トンプソンのコメントをThe Mercury Newが伝えている。

「シーズンを通してこのFG成功率を維持できたら、それはものすごいことだよね。信じられないほど難しいことさ。昨季のケビン(・デュラント)がやったことだ。ただ、アウトサイドシューターとしてのFG50%は大きい。それが俺が目指してるものだ」

昨年夏にデュラントが加わったことにより、トンプソンのショットアテンプト数が減るのではと危惧されたが、決してそんなことはなかった。

デュラントの加入はプラスに働き、昨季のトンプソンはキャリアハイの平均22.3得点を記録。

ケミストリーがさらに高まるであろう今季は、トンプソンにとってキャリアベストのシーズンとなるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA