【スポンサーリンク】

ウォリアーズ ビッグマンをバックスにトレード?

2月のトレード期限までに、今季もさまざまな動きがみられるだろう。

各チームは弱みを抱えているポジションの補強に動くであろうが、昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズもトレードでロスターを調整するかもしれない。

The Athleticによると、ウォリアーズはザザ・パチュリアとジャベール・マギーのトレードをミルウォーキー・バックスと協議しているという。

バックス側がジョーダン・ベルのトレードを求めたようだが、この要求は即断られたようだ。

バックスは全体的にサイズがあるチームではあるものの、信頼できるインサイドプレイヤーが不在。

そのため、経験のあるパチュリアとマギーを加えることで、インサイドを補強したいのだろう。

一方のウォリアーズとしても、ベルが戦力となることを確信したため、トレードに応じる可能性はゼロではなさそうだ。

果たしてこのトレードは実現するのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA