カイル・クーズマ「ルーク・ウォルトンのためにプレイするのが好き」

【スポンサーリンク】

ラバー・ボールは先日、ロサンゼルス・レイカーズのルーク・ウォルトンについて「誰もルークのためにプレイしたがってない」などと発言した。

これに対し、息子ロンゾ・ボールは「誰のためにでもプレイする」、「コーチを決めるのは俺じゃない」と反応したが、チームメイトのカイル・クーズマはウォルトンHCを明確に指示したようだ。

クーズマはウォルトンHCについて次のようにコメント。the Los Angeles Timesが伝えている。

「ルークは俺のお気に入りの男さ。俺は彼のためにプレイするのが大好きなんだ」

「俺たちはファミリーとしてまとまらなきゃいけない。俺たちのバスケットボールの問題を提唱してくれる人たちの話を聞かなきゃいけない。俺たちはルークを支持する。フロントオフィスがやってることは理解してるよ」

泥沼の連敗をようやく脱出したレイカーズ。

ラバー・ボールの口撃はこれからも続くであろうが、一丸となって再建を果たしてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA