【スポンサーリンク】

ゲイリー・ハリス 右膝負傷で離脱

ウェスタン・カンファンレンス7位のユタ・ジャズと同8位のサンアントニオ・スパーズを1ゲーム差で追っているデンバー・ナゲッツが、重要なスコアラーを欠いた状態で今後数試合を戦わなければならなくなったようだ。

ESPNによると、先発シューティングガードのゲイリー・ハリスが右膝を損傷し、MRI検査を受けた結果、少なくとも3~4試合は欠場する見込みだという。

ハリスは先日のデトロイト・ピストンズ戦でダンクを決めた際にファウルされ、着地時に負傷した。

ハリスの離脱はプレイオフレース渦中にあるナゲッツにとって大きな痛手となりそうだ。

なお、今季のハリスは65試合に出場し、平均34.8分のプレイで17.7得点(キャリアハイ)、2.7リバウンド、3.0アシスト(キャリアハイ)、1.8スティール(キャリアハイ)、FG成功率48.6%、3P成功率39.9%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算253試合に出場し、平均28.5分のプレイで12.3得点、2.5リバウンド、2.1アシスト、1.3スティール、FG成功率46.9%、3P成功率37.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA