【スポンサーリンク】

ジョージ・ヒル 第1戦でのフリースローミスについて「最悪」

クリーヴランド・キャバリアーズは昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズとのファイナル第1戦を落とし、シリーズを先制された。

レギュレーション終盤に見られたジョージ・ヒルのフリースローミスとJR・スミスの判断ミスはキャブスにとって大きな痛手だったが、ヒルは誰よりもフリースローミスを悔いているようだ。

ヒルはフリースローミスについて次のようにコメント。usatoday.comが伝えている。

「あのフリースローの映像を何度も見た。プレイの映像を何度も見た。失敗した時のことが頭をよぎってしまった。プレイヤーとして、戦う男として、チームの勝利を手助けする状況に置かれたけど、できなかった。俺にとっては最悪の出来事さ。これまで感じた中で最悪の気分だ」

「ただ、俺には励ましてくれる素晴らしいチームメイトたちがいる。昨晩、そして今朝もあれを忘れるよう言ってくれた。次のゲームに集中し、長引かせないようにね。そういうこと。チャンスを台無しにしてしまった。だけど、7ゲームシリーズだし、第2戦があるから」

ファイナル第1戦の敗戦は、ヒルのキャリアの中で最悪の敗戦だったという。

第1戦ではファウルトラブルにも陥ったヒル。

第2戦では巻き返してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA