Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

レブロン・ジェイムス「チャンピオンはゴールデンステイト・ウォリアーズ」

【PR】

レブロン・ジェイムス、ラジョン・ロンド、ランス・スティーブンソン、ジャベール・マギー、マイケル・ビーズリーを加えたロサンゼルス・レイカーズは、タイトルコンテンダーチームになると予想されている。

若手有望株が成長し、新加入のベテランたちと融合すれば、それも夢ではないだろう。

だが、2018-19シーズンに限っては、ジェイムスはそう見ていないのかもしれない。

ジェイムスは2018-19シーズンのチャンピオンについて次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「若いチームとして、我々は毎日成長し続けないといけない」

「チャンピオンシップコンテンダーはたくさんある。ただ、チャンピオンになれるのは1チームだけ。それはゴールデンステイト・ウォリアーズだ。それに、ヒューストン・ロケッツ。彼ら本当に良い。オクラホマシティ・サンダー、ボストン・セルティックス、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、トロント・ラプターズ。チャンピオンシップコンテンダーチームはたくさんあるんだ」

レイカーズは来年夏もビッグネーム獲得に動くとされている。

今季は下準備の期間として捉え、2019-20シーズンにタイトル獲得を本格的に狙うのかもしれない。

ただ、そうであればジェイムスの8年連続ファイナル進出という偉大な記録は2018-19シーズンで途絶えることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】