Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ラッセル・ウェストブルック 右膝を関節鏡視下手術

【PR】

オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックが右膝手術を受けた模様。

ESPNの記者によると、ウェストブルックは先週から右膝に凝りのようなものを感じており、それを除去するため関節鏡視下手術を受けたという。

ウェストブルックは4週間後に再検査を受け、膝の状態を確認する予定。

そのため、プレシーズンゲームは欠場する見込みだ。

ウェストブルックは2012-13シーズン、プレイオフファーストラウンドでヒューストン・ロケッツと対戦した際にパトリック・ビバリーと接触し、右膝負傷で手術を受けた経験がある。

今回はメンテンナンス手術とされているが、今後に響かないことを願いたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】