ウルブズのジャスティン・パットン 約1年で3度目の手術へ

【スポンサーリンク】

昨年のドラフト16位指名でリーグ入りしたミネソタ・ティンバーウルブズのジャスティン・パットンが、先日のトレーニング中に右足を骨折してしまった模様。

The Athleticの記者によると、パットンはトレーニング中に右足を骨折し、近日中に修復手術を受けるという。



パットンは昨年のサマーリーグ前に左足を骨折して手術。

そして、今年4月に2度目となる手術を受け、ティンバーウルブズでのルーキーシーズンは1試合のみの出場に終わった。

211cmというサイズでありながら、機動力とパスセンスを併せ持つパットン。

またしても辛い時間が続くこととなってしまったが、しっかり完治させ、NBAのコートで進化を発揮してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA