ドレイモンド・グリーン「ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーをモチベーションに」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、リーグを代表するディフェンシブプレイヤーのひとりだ。

2016-17シーズンにはディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ディフェンス力の高さを証明したグリーン。

だが、昨季はユタ・ジャズのルディ・ゴベールがディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選出され、グリーンはオールディフェンシブ2ndチームにとどまった。

グリーンによると、キャリア2度目となるディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー受賞は重要な意味を持ち、それをモチベーションのひとつにしているという。グリーンのコメントをsfchronicle.comが伝えている。

「(ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーは)重要。昨季はオールディフェンシブ2ndチームだった。おかしいよね。俺が受賞しないといけない」

現役プレイヤーでディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを複数回受賞しているのは、ドワイト・ハワードとカワイ・レナードのみ。

チームメイトのステフィン・カリーはレギュラーシーズンMVPを2度、ケビン・デュラントはファイナルMVPを2度受賞しているだけに、グリーンとしても少なくともあと1度はディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したいところだろう。

今季も気迫溢れるディフェンスでチームを鼓舞し、ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー受賞を狙ってもらいたい。

なお、2000年以降のディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー受賞者は以下の通りだ。

シーズン 選手名 ポジション
2000-01 ディケンベ・ムトンボ C
2001-02 ベン・ウォーレス C/F
2002-03 ベン・ウォーレス C/F
2003-04 ロン・アーテスト F/G
2004-05 ベン・ウォーレス C/F
2005-06 ベン・ウォーレス C/F
2006-07 マーカス・キャンビー C
2007-08 ケビン・ガーネット F
2008-09 ドワイト・ハワード C
2009-10 ドワイト・ハワード C
2010-11 ドワイト・ハワード C
2011-12 タイソン・チャンドラー C
2012-13 マーク・ガソル C
2013-14 ジョアキム・ノア C
2014-15 カワイ・レナード F
2015-16 カワイ・レナード F
2016-17 ドレイモンド・グリーン F
2017-18 ルディ・ゴベール C

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA