レイカーズ カーメロ・アンソニーには興味なし?

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、ヒューストン・ロケッツを離れることになった親友カーメロ・アンソニーがレイカーズに加わることを希望していると報じられた。

だが、レイカーズおよびジェイムスはアンソニー獲得に興味を持っていないのかもしれない。

Los Angeles Timesの記者によると、レイカーズはアンソニー獲得に興味を持っておらず、アンソニー陣営がレイカーズに接触したものの、ジェイムスはマジック・ジョンソンおよびロブ・ペリンカに対し、アンソニー獲得を要求していないという。


今季のレイカーズはプレイメイカーを揃え、新たなバスケットボールスタイルを構築しようとしている。

アンソニーは1on1のオフェンスを得意とするプレイヤーであり、レイカーズのシステムにフィットするかは疑問だ。

アンソニーに対し、引退を推奨するアナリストなども出てきているようだが、アンソニーを求めるチームは現れるだろうか。

なお、今季のアンソニーは10試合に出場し、平均29.4分のプレイで13.4得点、5.4リバウンド、0.5アシスト、0.4スティール、FG成功率40.5%、3P成功率32.8%を記録。

キャリアを通してデンバー・ナゲッツ、ニューヨーク・ニックス、オクラホマシティ・サンダー、ロケッツでレギュラーシーズン通算1064試合に出場し、平均35.8分のプレイで24.0得点、6.5リバウンド、3.0アシスト、1.0スティール、FG成功率44.9%、3P成功率34.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA