ルカ・ドンチッチ「キングスに指名されると思ってた」

【スポンサーリンク】

今年のドラフト3位でアトランタ・ホークスから指名され、直後のトレードでダラス・マーベリックスに移籍したルカ・ドンチッチは、ユーロリーグMVPの実力を遺憾なく発揮している。

今季のルーキー・オブ・ザ・イヤー最有力候補に挙げられ、スーパースターへの道を歩み始めたドンチッチ。

すでにマブスに欠かせないプレイヤーとして活躍しているが、ドンチッチはサクラメント・キングスでNBAキャリアをスタートさせると思っていたようだ。

ドンチッチはドラフト前を振り返り、次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「(キングスに指名されると)思ってたよ。彼らはマドリードまで来てくれたし、一緒にディナーを楽しんだからね。そうなると思ってた。だけど、そうはならなかったんだ」



キングスはドラフト2位でビッグマンのマービン・バグリーⅢを指名。

キングスがドンチッチを指名しなかったことには疑問が残るが、それも後の祭りだろう。

ドンチッチにはNBAを代表するヨーロッパ出身プレイヤーとしてさらなる飛躍を期待したい。

なお、今季のドンチッチは27試合に出場し、平均32.4分のプレイで18.2得点、6.7リバウンド、4.6アシスト、1.1スティール、FG成功率43.5%、3P成功率35.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA