ロケッツ ケント・ベイズモアのトレード獲得を計画か?

【スポンサーリンク】

キャリア7年目を迎えているアトランタ・ホークスのケント・ベイズモアは今季、キャリアベストのパフォーマンスを見せている。

そのベイズモアに複数のチームが興味を示している模様。

RealGMによると、ベイズモアには複数のチームが興味を持っており、中でもヒューストン・ロケッツはホークスとトレード交渉を行っているという。



ベイズモアの契約は来季まで残っているが、2019-20シーズンの契約はプレイヤーオプション。

つまり、ベイズモアはオプションを破棄してFAになり、他チームへの移籍を試みることができる。

ホークスとしては、見返りを得られずに出ていかれるより、トレードで放出して何らかの見返りを得ることを検討するだろう。

なお、今季のベイズモアは33試合に出場し、平均27.5分のプレイで14.0得点(キャリアハイ)、3.9リバウンド、2.6アシスト、1.7スティール(キャリアハイ)、1.0ブロックショット(キャリアハイ)、FG成功率44.5%(キャリアハイ)、3P成功率32.9%を記録。

キャリアを通してゴールデンステイト・ウォリアーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ホークスでレギュラーシーズン通算449試合に出場し、平均20.6分のプレイで8.7得点、3.0リバウンド、1.9アシスト、1.0スティール、0.5ブロックショット、FG成功率42.5%、3P成功率35.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA