【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ アンソニー・デイビスは「望むことは何でもできる」

ニューオーリンズ・ペリカンズのオールスターフォワードであるアンソニー・デイビスは、チームに対してトレードを要求した。

期限までにトレードが実現することはなかったが、デイビスの移籍先に関する議論は熱を帯びている。

デイビスと同じく、リーグを代表するスーパースターのひとりであるミルウォーキー・バックスのアンテトクンポは、この件について次のようにコメント。slamonline.comが伝えている。

「もし俺がアンソニー・デイビスなら、彼と同じポジションにいたなら、FAのことは話さないだろうね。俺がバスケットボールをプレイすることに集中するだけ。彼は議論に首を突っ込みすぎたと思うし、人々の彼らの意見を言わせてると思う。彼なら、彼が望むことは何でもできるのさ」

デイビスにはさまざまな憶測が噂がつきまとっており、それがとどまる気配はない。

アンテトクンポもいずれ同様の状況に身を置くことがあるかもしれないが、デイビスの件は良い学びになったことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA