レジェンド

Tagged
デリック・ローズ

BJ・アームストロング デリック・ローズの無断欠場について「連絡する必要があった」

ニューヨーク・ニックスのデリック・ローズは先日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦を無断で欠場した。 主力プレイヤーの無断欠場はあまり前例がないだけに、ローズの無断欠場は大きく取り上げられることとなったが、ローズは「家族の事情のため」と理由を説明。 ニックスはローズが置かれていた状況に理解を示し、出場停止処分ではなく罰金処...
ラマー・オドム

ラマー・オドム レイカーズのコーチングスタッフ入閣か?

ラマー・オドムがロサンゼルス・レイカーズに復帰するかもしれない。 レイカーズのルーク・ウォルトンHCはオドムのコーチ陣入閣に関心を持っており、オドムと接触したという。 ウォルトンHCはオドムについて次のように言及。L.A.Daily Newsが伝えている。 「ラマーは素晴らしいよ。ラマーのことを知ってる人間は誰でも、彼...
ジョーダン・クラークソン

乱闘寸前のジョーダン・クラークソン「コービー・ブライアントのアドバイスに基づいて」

先日行われたマイアミ・ヒート対ロサンゼルス・レイカーズ戦で乱闘寸前となる騒ぎが起こった。 その要因となったのは、ジョーダン・クラークソンとゴーラン・ドラギッチのバトルだ。 走って向かってきたドラギッチに対し、クラークソンはファイティングポーズを構えたものの、レフェリーやチームメイトが間に割って入り、大乱闘とはならずに済...
ジェイソン・キッド

ジェイソン・キッドHC「もっと身長がほしかった」

ミルウォーキー・バックスのジェイソン・キッドHCは、現役時代に多くの賞を受賞したレジェンドだ。 ルーキー・オブ・ザ・イヤー(1994-95)、オール・ディフェンシブ・ファーストチームに4度、オールNBAファーストチームに5度、オールスターに10度選出され、名実共にリーグを代表するプレイヤーだったわけだが、当時はもっと身...
リチャード・ハミルトン

ピストンズ リチャード・ハミルトンの永久欠番セレモニーを2月末に実施

デトロイト・ピストンズは今年2月、チームのタイトル獲得に貢献したリチャード・ハミルトンの背番号32ジャージーを永久欠番とすることを発表した。 その日程が明らかになったようだ。 ピストンズによると、ハミルトンの永久欠番セレモニーは日本時間2月27日、ボストン・セルティックスと試合のハーフタイム中に執り行われるという。 コ...
シャキール・オニール

レイカーズ シャキール・オニールの銅像設置へ

シャキール・オニールの偉大な貢献を称えるため、ロサンゼルス・レイカーズはオニールの銅像を設置することを決めた模様。 レイカーズによると、オニールの銅像は来年3月24日にステイプルズセンターの外に掲げられるという。 Lakers announce that a statue of Shaq will be unveile...
グレッグ・ポポビッチHC&ティム・ダンカン

グレッグ・ポポビッチHC「ティム・ダンカンはソウルメイト」

サンアントニオ・スパーズは日本時間18日、ティム・ダンカンの永久欠番セレモニーを執り行った。 セレモニーにはグレッグ・ポポビッチHCやマヌ・ジノビリ、トニー・パーカーをはじめ、かつてのチームメイトたちも出席。 ファンもダンカンの労をねぎらい、永久欠番を祝ったが、ダンカン不在のチームで誰よりも孤独を感じているのはポポビッ...
アレン・アイバーソン

アレン・アイバーソン「疲れや痛みは問題じゃなかった」

クリーヴランド・キャバリアーズのタイロン・ルーHCは先日、カイリー・アービングに加え、レブロン・ジェイムスとケビン・ラブにも休養を与え、試合に出場させなかった。 スタープレイヤーを見るために遠方から訪れたファンは悲痛の声をあげ、ルーHCの起用法に疑問視する意見も出ている。 ただ、スタープレイヤーを休養させたのはルーHC...
グレッグ・ポポビッチ&ティム・ダンカン

グレッグ・ポポビッチHC ティム・ダンカンの永久欠番セレモニーを前に「泣きたくない」

日本時間19日、昨季限りで現役を引退したティム・ダンカンの永久欠番セレモニーが開催される。 スパーズ一筋のキャリアを送り、数々のタイトルを獲得したダンカン。 ファンはダンカンの偉大なキャリアを祝い、盛大に盛り上がることだろう。 一方、ダンカンの全キャリアをヘッドコーチという立場で見守ってきたグレッグ・ポポビッチHCにと...
ティム・ダンカン

マヌ・ジノビリ ティム・ダンカンは「エゴがなかった」

現役時代のティム・ダンカンは、コート上で感情を爆発させることはなかった。 コービー・ブライアントが華々しい引退シーズンを送ったのとは対照的に、ダンカンは昨季終了後に現役引退を発表。 ダンカンらしく、特別なイベントが開催されることもなくひっそりとキャリアを終えた。 共にサンアントニオ・スパーズを牽引してきたマヌ・ジノビリ...