【スポンサーリンク】

ディオン・ウェイターズ「ベストのシューティングガードになれる」

クリーヴランド・キャバリアーズのシューティングガード、ディオン・ウェイターズが、2年目を迎える2013-14シーズンを前に意気込みを語った。

「知っての通り、リーグにはコービー・ブライアントやドウェイン・ウェイドといった優れたシューティングガードがいる。彼らのようにとはいかないかもしれないけど、みんなに知ってもらえるシューティングガードになりたいんだ」

「俺はリーグでベストのシューティングガードになれると信じている。今年は俺の能力を疑っている人たちを見返してやるよ。もっとリスペクトされたいんだ。やってやる。だから見ていてくれ」

2012-13シーズン、ルーキー中2位となる平均14.7得点を記録したウェイターズは、シューティングガードのエリート、ブライアントやウェイドのような偉大なプレイヤーに肩を並べる可能性を秘めている。

2年目でのブレイクを目指し、他のNBAプレイヤーとトレーニングを共にしたウェイターズだが、オフシーズンのワークアウトについて以下のように話した。

「クレイジーだよ。コンスタントにジムに通い、1日に2.3回はワークアウトに取り組んでいるんだ。俺らのチームがビッグイヤーを迎えるために、準備をしてるよ」

昨シーズンはプロのゲームと新しいライフスタイルにアジャストし、アップダウンの激しいNBAに慣れるのに苦労したと話すウェイターズは、ゲームへのアプローチなどについて学んだという。

「試合の結果が良かろうと悪かろうと、毎日全力を尽くすだけだよ」

カイリー・アービングとのコンビネーションに可能性を見出しているキャブスは、今オフにアンドリュー・バイナム、ジャレット・ジャック、アール・クラークを獲得し、プレイオフ進出を目標に掲げている。

2012-13シーズンスタッツ

  • 平均14.7得点
  • 平均3.0アシスト
  • 平均2.4リバウンド
  • FG成功率41.2%
  • 3P成功率31.0%
  • FT成功率74.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA