【スポンサーリンク】

ジェフ・バン・ガンディ氏「ニックスの不調はコーチのせいじゃない」

かつてニューヨーク・ニックスを指揮した名称、ジェフ・バン・ガンディ氏が、不調に陥っているニックスの現状について話した。

現在、ABC/ESPNでNBAアナリストとして活動しているバン・ガンディ氏は、「コーチに問題があるんじゃないよ。問題はロスターにあるんだ。どんなプロスポーツチームにも言えることなんだけど、重要なのはどのプレイヤーをロスターに置くかということさ。優秀なプレイヤーを選ばなくちゃいけないし、プレイヤー同士が互いにフィットすることも重要。難しい仕事だけど、重要な仕事だよ。コーチに問題があると判断するのはそれからだよ」とコメント。

ただ、ニックスに優秀なロスターが揃っていないとは考えにくい。

昨季の得点王、カーメロ・アンソニーを筆頭に、シックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞したJR・スミス、アマレ・スターダマイヤー、レイモンド・フェルトンなど、優秀な人材は揃っている。

タイソン・チャンドラーの負傷離脱は確かに大きいが、これほどまでにひどい成績は誰も予想していなかっただろう。

とはいえ、シーズンはまだ始まって1カ月。

今後の巻き返しに期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA