【スポンサーリンク】

アンドレ・イグダーラ「テレビ中継される試合は危険」

今季のNBAで最も注目を集めているチームが、ステフェン・カリー率いるゴールデンステイト・ウォリアーズだ。

今季ここまでウォリアーズの17試合がテレビ中継されている。

ウォリアーズの全試合の20%以上がテレビ中継されていることからも、注目度の高さがうかがえるだろう。

ちなみに、ウォリアーズのテレビ中継数はマイアミ・ヒートやロサンゼルス・レイカーズの試合をわずかに上回っている。

この状況に、ベテランのアンドレ・イグダーラが危機感を募らせているようだ。

「テレビ中継は嫌いだ。ファンにとっては良いことなんだろうけど。テレビ中継される試合では誰でも注目されたいって思うよね。俺らみたいな若いチームにとって、それは危険なことなんだ。若い選手は目立ちたいがためにサービスショットを打つかもしれない。だから危険だんだよ」

若い選手にとって、テレビ中継で目立つということはNBAでの道を切り拓くことにもつながる。

だが、それはチームにとって必ずしも好ましいことではない。

イグダーラの発言によって、ウォリアーズでは眉を吊り上げる選手も出てくるだろう。

それでも今のウォリアーズのリーダーはイグダーラだ。

ウォリアーズが真の強豪チームに成長するためには、テレビ中継に慣れることも必要なのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA