【スポンサーリンク】

グレッグ・モンロー 飲酒運転で2試合の出場停止処分!

デトロイト・ピストンズと1年契約を結んだばかりのグレッグ・モンローに、2014-15シーズン開幕2試合の出場停止処分(無報酬)が言い渡された。

情報筋によると、ミシガン州で現地2月13日午前2時に車を運転していたモンローの血液中から、州の法律に違反する量のアルコールが検出されていたという。

また、深夜にも関わらずモンローが運転していた車のヘッドライトは消え、ナンバープレートは保険の期限が切れていたとのこと。

モンローはピストンズを通し、飲酒運転について次のような声明をリリースした。

「全責任をとります。残念な過ちを犯してしまいました。家族、ピストンズ、チームメイト、ファンに謝罪します。このことから学び、コミュニティにポジティブな影響を与えられるようしていくつまもりです」

2013-14シーズン、モンローはレギュラーシーズン全82試合に先発出場し、平均15.2得点、9.3リバウンドを記録。

先日にクオリファイング・オファーによる1年契約にサインしたため、来年夏に無制限のFAとなる。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    飲酒運転じゃないけど、2002年のドラフトでブルズに入ったJay Williamsを思い出した。
    バイク事故だったな。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      期待されてた選手だっただけに残念でしたよね(;_;)
      今はESPNでカレッジバスケの解説をしてるそうです。

*

CAPTCHA