【スポンサーリンク】

ウォリアーズ クレイ・トンプソンとの契約延長を希望か?

ゴールデンステイト・ウォリアーズのゼネラルマネージャーを務めるボブ・マイヤーは、クレイ・トンプソンとの契約延長について一切コメントしていない。

だが、トンプソンを残留させたいという考えは、これまで通り変わっていないようだ。

「我々は彼(トンプソン)を高く評価してる。長期間このチームでプレイしてもらうつもりさ」

マイヤーはそう話す。

現在のNBAでトンプソンは最高のシューティングガードのひとりに数えられていることもあり、トンプソンのエージェントはおそらくマックス契約を要求するだろう。

日本時間11月1日までに延長契約を結ぶことができなければ、トンプソンは来年夏に制限付きFAとなるわけだが、マイヤーにトンプソンを放出する考えはない。

ケビン・ラブとのトレードでトンプソンを放出するという噂もあったが、結局トンプソンを放出することはなかった。

「ほとんどの人が彼をNBAベストのバックコートのひとりと考えてると思う。少数意見じゃなくてね」

ウォリアーズが期限までに延長契約をオファーするのか、それとも来年夏に市場価値を試すのか、注目が集まる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA