【スポンサーリンク】

マリオ・チャルマーズ「ヒートに戻ってこれるとは思ってなかった」

2014年NBAファイナルで、マイアミ・ヒートのマリオ・チャルマーズはひどい不調に陥っていた。

サンアントニオ・スパーズとのファイナル5試合で、平均4.4得点、2.8アシスト、1.4リバウンド、FG成功率33.3%、3P成功率14.3%という悲惨な結果に終わったこともあり、FAのチャルマーズがヒートと再契約するとは多くのファンは思っていなかっただろう。

だが、チャルマーズとの再契約に驚いたのは、NBAファンだけではない。

「(ヒートに)戻ってこれるなんて思いもしなかったよ」

そうチャルマーズは口を開く。

「正直に言うと、ヒートが俺を残留させたかったなんて少しも思っていなかった。プレイオフでのパフォーマンスを思えばヒートは俺を残留させたくないだろうし、他のプレイヤーと契約するかと思ってたんだ。だから、何が起きてもしょうがないって思ってたよ」

一方、チャルマーズと日本時間7月13日までの期限まで契約しなかったヒートだが、チャルマーズとの再契約は常に考えていた模様。

チャルマーズに対し、ヒートのゼネラルマネージャーを務めるアンディ・エルスバーグは、チームにとって家族のような存在であり、必要としていることを電話で伝えていたという。

チャルマーズとの再契約に時間がかかったのは、FAとなったレブロン・ジェイムスの影響が大きかったのだろう。

エルスバーグGMからの励ましの電話を受けた当時のことを、チャルマーズは次のように振り返った。

「少なくとも1チームが俺を必要としてたのを知ることができたんだ。俺にとってあの電話は大きかったよ」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA