【スポンサーリンク】

ウルブズ移籍のアンドリュー・ウィギンス「プレッシャーは感じてない」

ケビン・ラブとのトレードでミネソタ・ティンバーウルブズに移籍したルーキー、アンドリュー・ウィギンスは、将来を期待されている逸材のひとりだ。

ウルブズを勝者へと導けるか注目を集めているが、まだ19歳のウィギンスには大きなプレッシャーがかかっていることだろう。

だが、当の本人はプレッシャーを気にしていない様子で、次のように話している。

「今はそれほどプレッシャーを感じてないんだ。ハイスクールとカレッジで、俺はNo.1プレイヤーとしてい続けた。そしてプレッシャーは感じなくなっていったのさ。これまでのキャリアほどプレッシャーはないよ」

2014-15シーズンのウルブズは、期待できるチームのひとつだ。

だが、あまりに若い選手が多いため、本当の力をつけるまでしばらく時間を要するだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA