【スポンサーリンク】

シクサーズ 主力3選手にチームオプションを行使

フィラデルフィア・セブンティシクサーズが、マイケル・カーター・ウィリアムス、ナーレンズ・ノエル、トニー・ローテンの主力3選手にチームオプションを行使した模様。philly.comが伝えている。

再建中のシクサーズだが、チームオプションの行使により、2015-16シーズンもこれら3選手を契約下に置くことになった。

昨年のドラフト11位で指名されたカーター・ウィリアムスは昨季、出場した全70試合に先発し、平均16.7得点、6.2リバウンド、6.3アシスト、1.9スティール、FG成功率40.5%、3P成功率26.4%を記録。

ルーキーシーズンからトリプルダブルを記録するなどシクサーズの主要選手として活躍し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された。

カーター・ウィリアムスと同じく昨年のドラフト6位指名でNBA入りしたノエルは、ドラフト当日にニューオーリンズ・ペリカンズからシクサーズへ移籍。

前十字靭帯断裂でルーキーシーズンを全休したが、本人曰く「今は100%の状態」。

プレシーズンでは4試合に出場し、平均8.5得点、8.5リバウンド、2.3スティール、2.5ブロックショット、FG成功率35.1%を記録しており、シクサーズの将来を担う選手として期待されている。

2012年のドラフト25位でメンフィス・グリズリーズに指名されたローテンは、昨年夏にシクサーズへトレード移籍。

グリズリーズでは35試合の出場で平均2.6得点、1.2アシスト、FG成功率38.4%に終わっていたが、シクサーズでプレイした昨季は72試合の出場で平均13.0得点、3.0アシスト、FG成功率42.9%と大きく数字を伸ばしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA