【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス プレイオフでの戦いに備えて「もう少し休みがほしい」

クリーヴランド・キャバリアーズは現在、41勝25敗でイースタン・カンファレンス2位につけている。

3位のシカゴ・ブルズとは1ゲーム差、4位のトロント・ラプターズとは2ゲーム差しかないため、プレイオフでホームコートアドバンテージを獲得するためにも最低でも今の順位をキープしておきたいところだ。

今季は腰の痛みなどでキャリア最多の11試合を欠場したジェイムスだが、鍵を握る選手であることは間違いない。

だが、30歳という年齢もあるのか、疲労が溜まってきている模様。ジェイムスのコメントをCleveland.comが伝えた。

「もう少し休みがほしい。プレイオフへ向けてね。プレイオフの試合がどれだけフィジカル的に、メンタル的にやっかいなのか分かってるから」

今季のジェイムスの出場時間は、キャリアで最も短い平均36.2分。
それでもプレイオフを勝ち抜くためには、さらなる休養が必要だと考えているのだろう。

主力選手とベンチ選手をうまく使い分けているサンアントニオ・スパーズに昨年のファイナルで敗れたことにより、ジェイムスは休養の重要性を認識したのかもしれない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By マイケル

    なんというかレブロンはTOの多さもそうなんですけど、守備で集中してないように感じています。そんなに心配はしてないですが、見ていてイライラさせられます。このへんも疲労なのかなあ。

    疲労というと精神的な疲労も大きいと思っています。ウェイターズはいなくなったけど、昨シーズンのチームといえないようなクソチームの改革からしなくちゃいけないから。それがうまくいったのか、まさかJRがあんなに頼もしく思えるとは予想外でしたがww

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      昨季のキャブスはひどかったですね(^_^;)
      練習の無断欠席とか・・・

      自分もJRは以外でした!エゴを出すかなと思ってましたが、歯車として機能してるような(゚д゚)!

      レブロン、確かに今季のターンオーバーは多いですね。
      昨日のスパーズ戦終盤のファウルアピールはちょっとひどかった・・・

*

CAPTCHA