【スポンサーリンク】

ラバー・ボール ロンゾ・ボールは「みんなを良くする」

サンアントニオ・スパーズのカワイ・レナードがトレード市場に出た場合、レナードの出身地であるロサンゼルスのチームが移籍先最有力候補になると言われている。

つまり、ロサンゼルス・レイカーズもしくはロサンゼルス・クリッパーズが候補というわけだ。

両チームは十分なトレード要員を用意することができるため、この夏の動きに注目が集まっているが、レイカーズがレナード獲得を狙う場合、若手有望株を手放さなければならない可能性がある。

そんな中、レナードが息子ロンゾ・ボールより優れたプレイヤーがどうか質問された父ラバー・ボールは、次のように回答。ESPNが伝えている。

「やめてくれ。ノーだ。ロンゾがやってることを君たちに話そう。彼はチームのみんなを良くしてる。カワイを代わりに置くとしよう。彼はみんなを良くしないだろう。彼は彼がやることをやる。彼は専門的な男さ」

ラバー・ボールによると、レイカーズがチームの意思でロンゾ・ボールを獲得したため、トレードで放出することはないという。

この発言に続き、レブロン・ジェイムスのレイカーズ移籍を確信していると話したラバー・ボール。

果たしてラバー・ボールの思惑通りに進むのだろうか?

ただ、ラバー・ボールの言う通り、ロンゾ・ボールがトレードされる可能性はほぼないと見て良いだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA