【スポンサーリンク】

JR・スミスがNBAから怒られる

NBAゲームから1年以上離れていたJR・スミスは、ロサンゼルス・レイカーズの一員としてNBAに復帰した。

クリーブランド・キャバリアーズ時代の盟友であるレブロン・ジェイムスと再びチームメイトとなっただけでなく、今季のNBAチャンピオン最有力候補に挙がっているレイカーズに加われたことで、スミスは舞い上がってしまったのかもしれない。

オーランド入り後に現地の様子などを事細かにストリーミング配信し、ファンと交流しているスミスだが、部屋の毛布や食事などに不満を爆発させ、NBAの機嫌を損ねてしまった模様。

スミスによると、あまりに事細かなことまでストリーミング配信し、かつ不満を吐露したことにより、NBAからストリーミング配信をストップするよう注意されたという。スミスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

この毛布を見てみろよ。

ひどいな。

ブロンの毛布はこれとは違うはずだ。

ブロンとAD(アンソニー・デイビス)は186cmの毛布に違いない。

彼らがこんなに小さな毛布を使わないことを僕は知っている。

冷静になってくれ。

俺も冷静にならないと。

彼ら(NBA)は僕に怒っている。

(ストリーミング配信を)もう止めないと。

(NBAから)メールが来たんだ。

あまりにたくさんのことをさらしてしまった。

もう止めなきゃ。

すまない。

オーランド入りした選手たちは、ホテルの部屋の環境や食事などに不満をもらし、SNS上に画像をアップしている。

食事に関しては今後改善されるだろうが、ストレスが溜まる生活が続くのは間違いない。

スミスはかつて問題児として知られていたが、悪い形でゲームに反映させないよう祈りたいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    くそみたいな記事

LEAVE A REPLY TO 匿名 CANCEL REPLY

*

CAPTCHA