【スポンサーリンク】

グレッグ・ポポビッチHCがスパーズと決別ならロケッツに移籍すべき?

NBAが誇る名将グレッグ・ポポビッチHCは、サンアントニオ・スパーズのヘッドコーチに就任して以降22年連続でチームをプレイオフ進出に導いた。

だが、その記録は今季でストップし、スパーズは高齢のポポビッチHCではなく、今後長く指揮を執ることができる人物に采配を託す可能性がある。

もしそうなった場合、ポポビッチHCはどのNBAチームの指揮を希望するのだろうか?

clutchpoints.comによると、ポポビッチHCがNBAチームのヘッドコーチを続け、コーチングキャリアにもうひとつNBAタイトルを加えたいなら、ヒューストン・ロケッツのヘッドコーチに就任すべきだという。

ポポビッチHCは71歳と高齢であり、NBAチームをコーチングできる時間はそう長くないだろう。

人望と実績を併せ持つポポビッチHCには多くのNBA選手が信頼を寄せており、ポポビッチHCがロケッツのヘッドコーチに就任すればスタープレイヤー獲得に有利な状況が生まれる可能性がある。

また、ジェイムス・ハーデンと良好な関係を築いているという点も、大きな要素のひとつと言えるだろう。

ポポビッチHCの魅力にひかれ、ハーデンとラッセル・ウェストブルックに並ぶ第3のNBAスタープレイヤーを獲得できれば、ロケッツは数年以内にNBAタイトルを狙えるチームに化ける可能性も十分ある。

ポポビッチHCにとってはサンアントニオから数時間の距離のチームでもあるため、家族との時間を犠牲にするリスクもそう高くない。

まずはスパーズがポポビッチHCにどう対処するのかに注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA